WORKS

業務内容

​型枠って何?

コンクリートは、固まる前はドロドロの液体状なので、固める為の入れ物が必要になってきます。

その入れ物を、木材で組み立てていくのが「型枠」です。

作った型枠のまま建物は建っていき、コンクリートというのは作ったら修正することがとても大変なので、図面通りに建てられる”精度”が重要な仕事となります。

建物は、「柱」「梁」「壁」「床」などのパーツが、複雑に絡まり合い、1棟1棟が全て違うものなので、型枠もその分複雑で、1棟ごとのオーダーメイドで材料を加工します。

型枠大工の仕事

 

工事現場では、鳶工・鉄筋工・大工・電気工・土工など多種の専門業者が共に仕事をしており、

お互いが仕事をバトンタッチしながら工事を進めていきます。

ここでは我々「型枠大工」の大まかな仕事の流れをご紹介致します。

①拾い出し

図面を確認し、柱や梁、壁、スラブ(床)など、どのように型枠を加工すればいいのか、加工図を起こします。
この時に、コンパネ(ベニヤ板)や桟木、パイプ等の材料はどれくらい使うか?搬入計画はどうするか?何人で出来るか?なども考えておきます。

​④柱・壁建込み

敷桟に合わせて、ハンマーと釘を使って型枠を建て込んでいきます。

柱の部分には柱の加工材を、壁の部分には壁の加工材を、まっすぐ垂直に、隙間が開かないようにピッタリと組み立てていきます。

⑦コンクリート打設

型枠が仕上がり、締固めも済んだら、いよいよコンクリートの打設になります。(他専門業者による)

綺麗な仕上がりになるように、打設の相番をして、型枠の最終チェックや、打設の仕方の指示をします。

​②加工

加工図の通りにコンパネと桟木を使って、型枠を加工していきます。

​材料の無駄を出来るだけ出さないよう、合理的にコンパネと桟木を切断していきます。

⑤スラブ張り

柱、壁、梁まで全ての建込みが終わったら、次はスラブを貼っていきます。スラブは今の階の天井であり、次の階の床になります。

スラブの上に人や物が乗っても落ちないように、サポートを使いガッチリと支えておきます。

⑧型枠解体

コンクリート打設が無事終わったら、翌日から型枠の解体をします。

型枠はリサイクルの効く業種なので、次の階や別の場所で使えそうな材料はとっておいてもらいます。

​③墨出し・敷桟

現場に出たら、建物を建てる位置を決めるために、図面を見ながら床に墨を出して線を引きます。

そして墨が引けたら、出した墨に合わせて、型枠を建てる為の土台となる桟木を打ち付けて行きます。

⑥締め固め

コンクリートを打っている時に型枠がパンクしないよう、単管パイプやサポート、チェーン等で型枠をガチガチに固めます。

コンクリートの圧は、想像以上に凄く、硬いパイプなどが簡単に曲がってしまう程なので、しっかりと締固めをしておきます。

⑨躯体完成!

型枠を解体すると、完成した躯体が現れます。

何も無かったところに1から作り上げる達成感は、この仕事の醍醐味です。

型枠大工の道具

我々型枠大工は、他業種に比べ専門工具をたくさん使います。

普段どんな道具を使っているのか、一部ご紹介致します。

【玄翁】

大工の右手、ハンマーです。

片方がとんかち、片方がバールになっているものを使います。釘を打つにも、物を取るにも、かゆい背中をかくにも便利。腕の延長線として、大工といったらハンマー。

【スケール】

近頃はコンベックスと言ったりもします。定規です。

型枠は精度がとても重要なので、スケールは何度も使います。
まず確認!合ってると思っても、もう一度確認!

【鋸】

大工の左手、ノコギリです。

左手と言っても、右利きの人は右手を使います。ベニヤを切ったり、桟木を切ったり、峰を使ってケレンしたり。真っ直ぐ切るのは腕の見せどころです。

【墨壺】

墨を染み込ませた糸をはじいて線を引きます。 

ピンと張った糸は、定規を引くよりも確実に真っ直ぐになります。
墨壺は伝統的な道具で、法隆寺を造った大工さんも使っていたそうです。

【ラチェット】

ナットを締めたり、緩めたりする為に使います。

ラチェットは締めるナットのサイズによって、種類が多くありますが、我々が使うのは17と21です。ラチェットの先側はシノになっているので、刺したり、こじったりするのに便利です。

【インパクトドライバ】

引き金一つで簡単にナットを締めたり、穴を空けたり出来る用途豊富な電動工具です。

ドライバーやキリ等、ソケットを付け替えて用途に合わせて使用します。

〒115-0045 東京都北区赤羽1-47-7

TEL 03-5939-7819

​FAX 03-5939-7829

Copyright © 2018 Annaka Construction company All Rights Reserved.